×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

節税計算機の前提条件 サラリーマン節税ガイド!

トップページ >  > 節税計算機の前提条件

節税計算機の前提条件 

節税計算機の前提条件 目次

節税計算機の前提条件

節税計算機では、副業として個人事業を開業した場合に、黒字のときの納税額と、赤字のときの還付金額を計算できます。

ただし、概算を算出するものなので、計算の前提条件に当てはまらない方の場合は結果が正確なものとならない場合があり、あくまで参考金額としてご利用ください。

計算の前提条件

《計算前提条件》
●「その人の年収」は税込の給与年収を入力してください。
 (税込年収とは、いわゆる手取りではない「額面の年収」です。)

社会保険料控除(厚生年金や健康保険料の金額)は、その人の年収の13%で一律に計算していますので、年収が200万円未満や、1000万超えの場合では、実際の税額とは結構違ってしまうかも知れません。

●配偶者控除や住宅ローン控除、生命保険料控除等は考慮していません。



ページトップへ戻る

注意事項・免責事項

当サイトご利用に当たってのお願い

※当サイトは税制の紹介を目的としたものであり、架空の控除・経費・事業による不正申告を扇動するものではありません。

※当サイトに記載された情報については、利用者の責任に基づいてお取り扱いください。

※当サイトの情報による損害については一切責任を負いません。



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.