×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

収支内訳書の作成 サラリーマン節税ガイド!

トップページ > 確定申告の方法 > 収支内訳書の作成

収支内訳書の作成 確定申告の方法

収支内訳書の作成

さて、個人事業として確定申告をするとなると、サラリーマンが医療費控除などを申告するときよりも、作成する書類が増えます。
それが、収支内訳書です。

これは1年間の収入がどこからどれだけ入って、経費としてはどんなものにどれだけ使ったか?という明細を書くものです。

この収支内訳書も、確定申告書も、国税庁のHPで作成することが出来ます。

まずは国税庁の確定申告書作成コーナーへ

確定申告書作成コーナー
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm


こちらで画面上の指示に従って、給与の源泉徴収票やアフィリエイトの収入額や経費を入力していけば、税額を自動的に計算して、確定申告書を作成してくれます。

あとはそれをプリンターで打ち出して、税務署へ提出すればOK!となります。
ここではネット上で確定申告が完了する「e-TAX」を使用しない場合、つまり確定申告書を印刷して税務署に提出する場合について解説します。

まずは「作成開始」をクリックして先に進みましょう!



ページトップへ戻る

WEB上で収支内訳書ができる

作成する決算書・内訳書を選ぶ


すると、上のような画面となりますので、右側の「書面提出」をクリックします。


PC環境の確認画面が出てきます。
まぁ大体の人は特に考えずに、全てにチェックを入れておけばOKです。


すると、上のような画面となりますので、一番上の「青色申告決算書・収支内訳書」をクリックして、次に進みます。


収支内訳書(一般用)に収入・経費を入力


さぁいよいよ収支内訳書の「作成開始」です。



次に、収支内訳書の3つの種類から選ぶように指示が出ますので、一番上の「収支内訳書(一般用)」をクリックします。


さあ、いよいよ収入と経費を入力していきます。


まず、「売上(収入)金額」をクリックします。
すると、売上(収入)金額の明細を入力するウィンドウが出てきます。

取引している業者の名前、所在地(会社の住所)、1年間の儲けを入力します。
WEBサイト運営業として開業しているならば、アフィリエイト業者の名前や所在地、収入金額を入力しましょう。

入力欄は4つしかありませんので、複数の業者を使用している場合は、収入金額の大きな業者を入力し、それ以外は合計して「上記以外の売上先の計」に入力してしまいます。

その下には家事消費やその他の収入という欄がありますが、アフィリエイト事業ではあまり関係ないので、通常は記入する必要はありません。
(農業などで自分で作ったものを自分や家族で食べたり、人にあげたりした場合に入力します。)

さー、「入力終了(次へ)」をクリックして次に進みましょう。

アフィリエイトのように仕入れというものがない業種であれば、次は経費の入力です。
年間の経費のうち、それぞれ該当する項目に経費を入力していきます。

アパートやマンションの家賃は「地代」に。
電気代は「水道光熱費」に。
仕事の打ち合わせ等に行ったときの交通費は「旅費交通費」に。
プロバイダー料や電話代は「通信費」に。
文房具やプリンターのインクカートリッジなどは「消耗品費」に。

このうち「地代家賃」についてはクリックすると以下の画面が出てきます。


「支払先の住所・氏名」は家賃を払っている大家さんや不動産屋さんの住所と氏名を入力します。
「賃借物件」には借りているアパートやマンションの名前を入力。
「本年中の賃借料・権利金等」には、「更」には更新料、「賃」には年間で払った家賃の合計額を入力。
「必要経費算入額」には左に入力した家賃・更新料のうち、経費として計上する額を入力します。

さて、「この経費はどこの項目に入れたらいいんだろ?」というようなものも当然出てくると思います。
ただ、これには正解といえるものはないので、とりあえず自分でここかな?ってとこにとりあえず入れておきましょう。
税務署としても最終的な税額が変わるわけではないので、そこまで拘っているようでもないようです。

収入と経費を入力し終わったら、また「入力終了(次へ)」をクリックして次に進みましょう。


住所・氏名等を入力

所得金額の確認をしたら、住所・氏名を入力する画面となります。

普通に入力項目を入力していけばよいのですが、1つ「整理番号」という欄があります。
これは、前年に確定申告をしていた場合には、ご親切にも(笑)税務署から申告書が郵送されてくる場合があり、そこの氏名欄の下に整理番号が記載されていますので、
その番号を入力します。
今年初めて確定申告する人や、番号が分からなければ空欄でOKです。


提出方法の選択と収支内訳書の印刷

次の画面では収支内訳書の提出方法の選択が出来ます。
まぁ今のところ大体の方が印刷して提出されると思いますので、そちらを選択して次に進みます。

ここで印刷用の収支内訳表のPDFファイルを開いて、印刷します。
ちゃんと控のほうも印刷して自分の手元に保管しておきましょう。

印刷したら、これで収支内訳書の作成は終了です。
次は確定申告書を作成します。



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.