×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サラリーマンの納税方法 サラリーマン節税ガイド!

トップページ > サラリーマンと税金 > サラリーマンの納税方法

サラリーマンの納税方法 サラリーマンと税金

サラリーマンの納税方法

サラリーマンの納税方法といえば、給料からの天引き。

なんかあまりに毎月当たり前のように天引きされるため、「そういうもんだ」と思ってしまいがち。

でも、実際給料天引きで支払うってどういうことなんでしょう?

それに、サラリーマンの税金ってどんなふうに決められるんでしょうか?

会社が代わりに納める特別徴収

サラリーマンの給料から天引きされた所得税・住民税は、会社が代わりにお役所に納めています。

これを「特別徴収」っていいます。

ちなみに「普通徴収」というのもあって、これは会社に代わりに納めてもらうのではなくて、自分で税金を納める方法です。
「普通」とついている通り、本来は税金は一人一人が自分で納めるものであって、給料からの天引きってのは「特別」なものなんです。

サラリーマンだと特別徴収が当たり前だけに、あんまり意識することは無いですけどね。



ページトップへ戻る

「給与所得控除」という経費の代わり

サラリーマンの特権 給与所得控除

サラリーマンの税金はどのように決まるのか?

皆さんなんとなく、収入が増えれば税金も増えるんだろうなーって感じは持っていると思います。

まず所得税はどのように決まるのかを見ていきましょう。

所得税を決めるには、まず年収(1年間の稼ぎ)を計算します。
そして、その年収を稼ぎ出すためにかかった経費の合計額を差し引きます。
これが「所得」となります。

さらに、ここから社会保険料などの合計額を差し引きます。

これが課税所得額となり、この額の大きさに応じて税金が決まるんです。

でも、サラリーマンの場合、自分の給料を得るためにかかった経費の合計額なんて計算することないですよね?

実は、サラリーマンの場合は経費ではなく、「給与所得控除」という経費の代わりともいえるものが決められています。
自営業者のように経費の合計額を計算するのではなく、自動的にこれぐらいの稼ぎならこれくらいの額を控除(差し引く)することになるんです。


出費は少ないほうがお得

しかもこの給与所得控除。かなりの金額です。
年収400〜500万の人でも100万円以上の給与所得控除となります。
普通サラリーマンとして収入を得るのに、年間で100万円以上も経費を使うことってないでしょう。
スーツや革靴、付き合いの飲み会などを全部足しても100万以上使う人はほとんどいないでしょうからね〜

つまり、サラリーマンの場合、給料を得るための出費は出来るだけ少ないほうがお得になります。
出費が多くても少なくても給料も給与所得控除も一緒ですから、払う税金も一緒ですから。

スーツや革靴は出来るだけ安物で。
付き合いの飲み会は出来るだけ避けると…

まぁ人によってはそれなりのスーツや革靴でびしっと決めた方が成果も出るでしょうし、付き合いの飲み会とはいえそれで仕事がうまく回るという人もいるでしょう。

しかし、成果主義ではなく年功序列が強い会社であれば、出来るだけ支出を抑えた方が理にかなっているということになりますね(笑



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.