×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

副業で個人事業主になる! サラリーマン節税ガイド!

トップページ > サラリーマンの節税(裏技) > 副業で個人事業主になる!

副業で個人事業主になる! サラリーマンの節税(裏技)

副業で個人事業主になる!

サラリーマンの節税(表技)では、サラリーマンでも確定申告で医療費などを申告することで、天引きされた税金を取り戻す方法を紹介しました。

でも、どれもなかなか誰でも簡単に節税できる方法ではないですよね。
結局医療費などでたくさんお金が出ていっているところに、少しお金が戻ってくるってだけですから。

もっと誰でも簡単に節税できる方法はないものでしょうか?

副業で個人事業主になって赤字申告

これに対する1つの答えが、「副業で個人事業主になって赤字申告する」というものです。

どういうことか、簡単に説明します。
まず、あなたがサラリーマンで、副業としてライターをやっていたとしましょう。

すると、税金はサラリーマンの給料と副業としてのライター収入を合計した金額にかかってきます。
サラリーマンの給料のうち、税金がかかる金額が300万円
ライター収入のうち、経費を引いた金額が50万円 だったとすると、
税金は300万+50万=350万円にかかってくるわけです。

さて、ここで問題です。
ライター収入が振るわなくて、経費の方がたくさんかかってマイナス、つまり赤字でマイナス50万円だった場合はどうなるでしょう?

答えは、
300万−50万=250万円
この金額に税金がかかることになります。
当然、課税される金額が少なくなっていますから、税金も少なくなります!

サラリーマンの場合は、先に給料にかかる分の税金が天引きされていますので、副業分の赤字を確定申告すると、税金を払い過ぎていたことになり、天引きされていた税金の一部が還付、つまり返却されるんです♪



ページトップへ戻る

家賃や水道光熱費も経費になる

必要経費は副業に必要なものだけ、とは言いますが

「でも、結局副業は赤字ってことでしょ?損してるわけじゃん!」

そんなふうに思われるかもしれません。

でも、この場合の赤字って言うのは、投資なんかで損したわけじゃなく、
収入−必要経費=マイナス○○円
っということ。

この必要経費ってのは、個人事業として開業した副業収入を得るためにかかった費用のことです。

でも、例えばライター業を自宅のPCを使って、自宅の一室でやっているのであれば、必要経費として以下のようなものが計上できます。
・PC購入代金
・家賃
・電気代、ガス代、水道代

これらの費用、副業をしてなければ全く必要経費となりません。
しかし、個人事業としてやっているなら、事業にも使っているとして2〜3割程度は経費として計上できます。

とすると、仮に家賃10万の部屋に住んでいた場合に、家賃だけを経費として毎月2万円計上すると、経費だけで24万円も計上できることに!
そしてライター収入が4万円しかなかったら?

収入4万−経費24万=−20万円の赤字

この赤字分を給料のうち税金がかかる金額から差し引け、税金が安くなる!
というわけです。

この章では、この方法を簡単に実現できるやり方を説明していきます。
初めての方でも簡単ですので、是非参考にしてみてくださいね!


副業で個人事業主になって赤字申告のイメージ



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.