×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

確定申告書Bの作成 サラリーマン節税ガイド!

トップページ > 確定申告の方法 > 確定申告書Bの作成

確定申告書Bの作成 確定申告の方法

確定申告書Bの作成 目次

確定申告書Bの作成

収支内訳書を作ったら、その数字をもとに確定申告書を作成します。

これさえ作れば、あとは税務署に持って行くだけ!
あと少しですから頑張りましょう〜

まずは国税庁の確定申告書作成コーナーへ

確定申告書作成コーナー
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm


こちらで画面上の指示に従って、給与の源泉徴収票やアフィリエイトの収入額や経費を入力していけば、税額を自動的に計算して、確定申告書を作成してくれます。

あとはそれをプリンターで打ち出して、税務署へ提出すればOK!となります。
ここではネット上で確定申告が完了する「e-TAX」を使用しない場合、つまり確定申告書を印刷して税務署に提出する場合について解説します。

まずは「作成開始」をクリックして先に進みましょう!



ページトップへ戻る

所得や控除を入力する

作成する確定申告書を選ぶ


すると、上記の画面となりますので、右側の「書面提出」をクリックします。


PC環境の確認画面が出てきます。
まぁ大体の人は特に考えずに、全てにチェックを入れておけばOKです。


この画面で、作成する確定申告書を選択します。


右側の「左記に該当しない方」をクリックします。


収支内訳書の各種の金額を入力

次に白色申告を選択し、生年月日を入力し、次に進むと、早速収入や控除を入力する画面となります。


まずは一番左上の「事業所得」をクリック。
すると新しいウィンドウで収入金額と所得金額を入力する画面が出てきます。
先程作った収支内訳書を見ながら、収入と所得を入力します。


その下の明細欄は、源泉徴収がある場合に入力します。
アフィリエイトでは通常源泉徴収はありませんが、ライター業などで源泉徴収されている報酬がある場合には、ここに入力します。

入力し終わったら次に進みます。


給与所得を入力

次に、サラリーマンとしての給与所得を入力しますので、「給与」をクリック。


新たに上記の画面が出てきます。
ご自分の源泉徴収票を見ながら、支払金額や社会保険料など、該当するところに金額を入力しましょう。
源泉徴収票はこの後も使うので、まだ手元に置いといてくださいね。


各種控除の入力

経費の合計を入力して次に進むと、今まで入力した金額が記載された画面が
出てきますので、ここで、源泉徴収票に記載されていない控除があれば、入力していきます。


雑損控除や医療費控除など、年末調整されない控除は源泉徴収票に記載されませんので、ここで記入していきましょう。
記入方法は、記入したい控除をクリックすると、別ウィンドウで入力画面が出ますので、それぞれ、画面の案内にしたがって入力しています。

全て入力後、次に進むボタンをクリックすると、所得税をいくら納税すべき教えてくれます。
個人事業が赤字の場合には、ここで還付される金額が表示されます。


住民税の納付方法の選択

次に住民税の納付方法についての選択画面となりますので、「給与から差し引き」か、「自分で納付」かを選択してください。

ま、普通は会社にいろいろ詮索されても微妙ですから、「自分で納付」 を選択した方がいいんじゃないですかね〜。


住所・氏名の入力、印刷

次に住所・氏名等を入力し、後は「印刷画面の表示」をクリックして、PDFを印刷して終了です。

源泉徴収票などの添付書類を貼り付けるための台紙もありますので、源泉徴収票はこの台紙に糊付けして提出します。

お疲れ様でした〜。あとは税務署に持っていくか、郵送すればOKです。



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.