×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会社に副業を疑われたときの言い訳(2) サラリーマン節税ガイド!

トップページ > サラリーマンの節税(裏技) > 会社に副業を疑われたときの言い訳(2)

会社に副業を疑われたときの言い訳(2) サラリーマンの節税(裏技)

会社に副業を疑われたときの言い訳(2)

会社に副業を疑われた時の言い訳(1)では、副業の赤字申告を「医療費控除をを申告したから」といって、ごまかす方法を紹介しました。

でも、医療費控除を申告してすごく住民税が安くなっているとなると、かなり医療費がかかっていることになり、場合によっては会社の人に色々と心配されて聞かれてしまうかも。

どんな病気なのか?どれくらいで治るのか?
まぁあまり根掘り葉掘り聞く人もいないと思いますが、なかなか説明するのも大変です。

ではどうするか。

例2.「雑損控除を申告したから」

例:
経理「furiさん、あなたの今年の住民税、えらい安いんですけど…?」

furi「あーそれね…実は去年空き巣に入られてね…。現金やら貴金属やらかなり盗まれてしまったんだよ。だから今年は確定申告で雑損控除を申告したんだ。そのせいじゃないかな?」

経理「あ、それはご愁傷様です…。なるほど、雑損控除の申告で課税額が低くなったんですね。
犯人は捕まったんですか?」

furi「なかなか簡単にはいかないみたいだね。全く災難だったよ。」

経理「そうなんですか・・・大変ですね。」



ページトップへ戻る

雑損控除を申告したからという言い訳

何回も使える言い訳ではない

雑損控除って知ってますか?

災害や盗難にあった場合に、その損失額を確定申告することで、損失額の一部の金額を課税所得から控除してもらえます。

その結果、天引きされた税金を一部還付してもらうことが出来るんです。

つまり、本当は副業の赤字を申告したために、住民税が安くなったわけですが、盗難にあって雑損控除を申告したからという言い訳をするわけです。

ただ、「医療費控除を申告したから」という言い訳に比べて、この雑損控除は一回ぐらいしか使えないのが難点ですね。

毎年空き巣に入られたり、災害に会う人なんているわけ無いですし(笑

もしこの言い訳を試される方は、自己責任でやってくださいね〜。



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.