×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個人事業の開業届の提出 サラリーマン節税ガイド!

トップページ > サラリーマンの節税(裏技) > 個人事業の開業届の提出

個人事業の開業届の提出 サラリーマンの節税(裏技)

個人事業の開業届の提出 目次

個人事業の開業届の提出

個人事業主になるには、税務署に
「個人事業主として開業しま〜す」という届出を出す必要があります。

それが、「個人事業主の開廃業等届出書」です。(リンク先 国税庁)

開業届に必要事項を記入して提出するだけ

開業届は上のリンク先の国税庁のホームページからダウンロードできます。
また、税務署にも置いてあります。

こちらの用紙に必要事項を記入して税務署に提出すれば、
はい!あなたは個人事業主です!
簡単ですね(笑


個人事業の開業届の見本

開業届はホント簡単にできますが、一応ここで見本をのっけておきます。
私もこの書き方ですんなり税務署に受け取ってもらえましたよ。
⇒開業届の見本(PDFファイル)



ページトップへ戻る

個人事業の開業届の書き方

個人事業の開業届の書き方

簡単ではありますが、提出したときに税務署の人に色々聞かれたときのために、いくつか解説しておきます。



1.納税地

通常は自宅の住所です。もし事務所などを構える場合には、その住所となります。
まぁここをご覧の方はあまりそういうケースはないと思いますが…


2.職業

アフィリエイトの場合は「WEBサイト運営業」とでもしておきましょう。
将来的に、もしかしたらアフィリエイト以外の収入もHPから生み出せるかもしれませんからね。
(WEBサイト運営以外に副収入となるものがあればそれでもいいですよ。例えばライター業等)


3.屋号

記載してなくても問題ありません。
もちろん自分の好みでなにか名前をつけてしまってもOKです。


4.開業日

さてこれが問題です。
どこかに事務所を構えるような事業と違って、WEBサイト運営は自宅で今日からでも開始できる事業です。
しかし、この開業届は一応事業の開始日から1ヶ月前に提出することとなっていますので、提出日の1ヶ月前にしておけば問題ありません。
ただし、開業する前の収入については個人の雑所得として申告することになります。
そのため、開業日を1月1日にしておけば、その年のWEBサイトからの収入をすべて事業所得(事業としての儲け)として申告することが出来ます。


5.「青色申告承認申請書」と消費税に関する「課税事業者選択届出書」の有無

青色申告とは、1年間の事業の収入や支出を記帳した書類を提出する申告方法です。
お金の流れが明確になるため、普通の申告方法である白色申告よりも特典があります。
でも、ここではどちらも「」にしておきましょう。
いちいち記帳するのは大変ですし、簿記を知っている人じゃないとほぼ無理ですから。

消費税に関する「課税事業者選択届出書」というのは、基準期間(2年前)の売り上げが1000万以下の場合は消費税を納める義務が免除されますが、この届出書を出すことで課税事業者となり、納める消費税よりも還付される消費税が多いときに、還付してもらえる届出書です。
とはいえ、新規に開業する場合には関係ありません。
2年前にその事業は始まっていないのですから、当然売り上げもない。
ここは「」としてOKです。


6.事業の概要

ここには「WEBサイトの運営」と書いておきましょう。


7.給与等の支払状況

ここには従業員を雇う場合の人数等を記入するのですが、とりあえず開業だけする場合には「0人」、「税額の有無」は「」としておきましょう。
「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の提出の有無」も「」でOKです。

さぁ、これであとは税務署にもってって提出するだけです。



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.