×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医療費控除 サラリーマン節税ガイド!

医療費控除 サラリーマンの節税(表技)

医療費控除 目次

医療費控除

医療費控除って知ってますか?

1年間に病院なんかで支払った医療費が合計10万円以上だった場合に、確定申告することで、10万円を超える金額を課税所得額から控除、つまり差し引いてもらえます。

その結果、天引きされた税金を一部還付してもらうことが出来るんです。

大きなケガや病気をした時の大きな味方

例えば、年間で医療費が50万円だった場合、課税所得が300万円の人は、確定申告で医療費控除を申告する場合と、しない場合ではこれぐらい税金が変わってきます。

<医療費控除を申告しなかった場合>
300万円×税率10%−97,500円=20万2,500円

<医療費控除を申告した場合>
まず医療費控除は「10万円を超える額」ですので、
年間医療費合計50万円−10万円=40万円
すると、
(300万円−40万円)×税率10%−97,500円=16万2,500円
となります。

違いは4万円ですね。
サラリーマンの場合は既に税金は毎月天引きされてますから、税金を多く払いすぎていたということになり、4万円が「還付」、つまりあなたに返却されます。



ページトップへ戻る

領収書や記録が必要

領収書は必ず取っておくこと

ただ、年間で10万円以上も医療費がかかることって、普通はあんまりないですよね?
少なくとも私は今まで幸いにも経験がありません。

ただ、人生何が起こるか分かりません。

大きな病気や怪我をしたときは、お金もたくさんかかります。
仕事も休まないといけなくなり、収入もその分減ってしまいます。

そんなとき、確定申告で数万円単位で税金が還付されるのはありがたいと思います。

ただし、病院のレシートや領収書をしっかり取っておく必要があります
また、病院へ通院するための交通費なんかも対象になりますので、出来れば電車やバスは利用した記録をつけておきましょう。

合計で10万円以上になったといっても、ちゃんと証明する領収書や、利用した記録がないと、還付を受けるのは難しいので注意してくださいね〜



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.