×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保険・確定拠出年金で節税 サラリーマン節税ガイド!

トップページ > サラリーマンの節税(表技) > 保険・確定拠出年金で節税

保険・確定拠出年金で節税 サラリーマンの節税(表技)

保険・確定拠出年金で節税

医療費控除や雑損控除は、確定申告をすることで税金を取り戻すことが出来ます。
でも、これらの控除は普段はあまり使わないですよね。

医療費は毎年10万円超えるわけでもないですし、雑損控除の対象となる災害や盗難にあることもまれです。

そこで、一番使えると思われるのが、生命保険料控除と確定拠出年金だと思います。

生命保険に加入して節税

生命保険料控除は、年間の生命保険料と個人年金保険料の支払額によって、最高10万円を控除してもらえる制度です。
平成24年1月1日以後に契約した保険については、民間の介護保険料も合計して最高12万円が控除できるようになっています

つまり、もしものときに備えて生命保険をかけた場合に、年間で支払った保険料の金額によって、一定額を控除できるんです。

今は若い独身の方でも、いずれ生命保険や個人年金を考える時期が来ると思います。

そのときにはこの生命保険料控除も含めて保険を考えることが必要です。

なお、保険が満期を迎えて満期保険金を受け取ったり、今まで積み立てていた個人年金を受け取るときになったときには税金はかかります。

でも、そのときには別途特別な控除があるので、受け取った保険金や個人年金の全額に税金がかかるわけではありません。

つまり、保険金を積み立てている今でも節税になり、将来受け取るときも節税になるわけです。
⇒生命保険料控除についてはこちらも参考にしてください。

※ただ、こういった保険のことはなかなか1人では調べ切れませんし、保険にも複雑なものがあるため理解するのも大変です。
保険のセールスの方も、こういった節税に関してまで詳しく教えてくれる人はまれだと思います。
でも、今では保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれるサービスがあります!
生命保険のファイナンシャルプランナー無料見直し相談は生命保険ドットコム

セールスではない客観的なプロの立場から、無料でアドバイスしてくれますから、安心して一番自分にぴったりな保険を選んでくれますよ!



ページトップへ戻る

年間の掛け金が所得から控除

確定拠出年金に加入して節税

確定拠出年金に加入するという手もあります。

確定拠出年金とは、国民年金や厚生年金とは別に、加入者が独自に掛け金を積み立て、自分でどのように運用していくか決めるものです。
(掛け金は勤務先の企業が積み立てる場合もあります。)

この確定拠出年金は年間の掛け金全てが所得から控除されます!
掛け金の上限は人によって異なるのですが、企業年金が導入されていない企業に勤めるサラリーマンの場合は、月額23000円です。
ということは、23000円×12ヶ月=276,000円が控除できるのです。

確定拠出年金は、原則60歳まで掛け金を引き出せず、また毎月手数料も取られるためメリットばかりではないのですが、もし投資信託を購入して将来に備えようと考えている方は、一度検討してみてもいいと思いますよ。

※この確定拠出年金、私はてっきり自分の勤め先が導入していなければ関係ないと思って いましたが、勤め先が導入していなくても個人で加入することも出来るんですね。
早速資料請求をしてみましたが、加入手続きは結構メンドイかも知れないです…

確定拠出年金に加入することで、大体の方が2〜3万円程度、税金が安くなるんじゃないかなーと思います。

⇒確定拠出年金についてはこちらのページが詳しいですよ



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.