×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アフィリエイトで開業 サラリーマン節税ガイド!

トップページ > サラリーマンの節税(裏技) > アフィリエイトで開業

アフィリエイトで開業 サラリーマンの節税(裏技)

アフィリエイトで開業

さて、副業で個人事業主になって赤字申告すれば、サラリーマンの給料から天引きされた税金を取り返すことは出来ます。

でも、副業なんていっても何をすればいいのかわからーん!
って言う人もいるでしょう。

普通にアルバイトしたって赤字ってことにはならないですからね(笑)

でも、誰にでもできる個人事業があるんです。

アフィリエイトで個人事業主になる!

イマドキの副業で、誰でも簡単に出来る副業のひとつといえば、アフィリエイトですね!

自分のホームページやブログに企業の広告を貼って、商品が売れたり、資料請求がされると、一定の報酬が振り込まれる仕組みです。

今では主婦や学生もお小遣い稼ぎのひとつとしてすっかり定着した感じですよね♪
でも、これも単なるお小遣い稼ぎではなく、事業としてやっている方も大勢います。



ページトップへ戻る

稼いでなくても個人事業になる

個人事業とするかは自分次第

「え〜、個人事業って言っても、それは何十万、何百万も稼いでいる人のことでしょ?」

そんなふうに思われるかもしれません。

でも、別に何十万、何百万円も稼いでいなくても、アフィリエイトを個人事業とすることは出来るんです。
いえ、ある意味では1銭も稼いでなくても、個人事業になるんですよ?

これは、例えば開店したばっかりのラーメン屋さんをイメージしてもらえれば簡単です。
開店したてのラーメン屋さんには、なかなかお客さんは来ませんから、当然売上もあがりません。
そのため収入もさびしいもの…。

この状態はアフィリエイトでも全く一緒ですよね?
始めたばかりの頃は、サイトの知名度も無く、全く成果も出ません。
でも、将来的にはどうなるか分かりませんよね?
すごい儲かるかもしれませんし、さっぱりかも。
この辺もラーメン屋さんもアフィリエイトも全く一緒。

結局、それを事業とするか、単なるお小遣い稼ぎとするかは本人の意思次第です。
実際法律上もどの程度稼いだら「事業」であるなんて決まっていません
だったら、事業としてアフィリエイトを捉えて、赤字になったら確定申告で税金を取り戻した方がいいと思いませんか?

アフィリエイト広告を取り扱っているアフィリエイトサービスプロバイダへの登録は無料ですし、ブログであればサイト構築も簡単。
とりあえずブログを開設すれば、あなたもアフィリエイトを開始できます♪

なお、アフィリエイトに限らず、ライターや翻訳業など、すでに出来る副業があれば、それが個人事業になります。
でも、それが無い人にとってはこれが一番簡単な副業ではないでしょうか。






アクセストレード



ページトップへ戻る

PR

ページトップへ戻る

Sponsored Link

Site Menu

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) サラリーマン節税ガイド! All Rights Reserved.